MENU MENU
一松海岸
波情報
05/27 08:23
サイズ
コシハラ
状態
南南東
潮回り
H 14:51
L 8:21 20:08
中潮
一松海岸
波情報
05/27 08:23
サイズ
コシハラ
状態
南南東
潮回り
H 14:51
L 8:21 20:08
中潮
千葉県九十九里にあるサーフィンスクールBEACH【ビーチ】は生徒さんに合わせた指導方法で確実な上達をお約束いたします。東京からも75分とアクセスしやすい場所にございますので存分にお楽しみいただくことができます。

BEACH 通信

サーフィンスクール・ビーチからのお知らせ・ブログ記事をご紹介します。

安全のすゝめ

 

「サーフィン」

それは人間が板一枚で大海原に挑むエクストリームスポーツ。

優雅に波に乗るイメージとは裏腹に、一歩間違えれば危険な目に合う可能性が大きいアウトドアアクティビティーです。

以下にサーフィンをする際、最低限気を付けなければいけないことをまとめました。

是非ご一読の上、サーフィンを安全にお楽しみください‼

 

■堤防やテトラ等障害物の有無及び自分が狙うピークとの位置関係

(ぶつかったら痛そうなものの近くでサーフィンしないようにしましょう。)

 

■他サーファーとの位置関係

(他サーファーの進路を妨害してしまいそうな場所からの入水は控えましょう。また、自分が沖にいて波を狙っているとき、インサイドのぶつかりそうな場所に人がいる場合、どんなにいい波であってもテイクオフは控えましょう。混雑しているときは特に気を付けましょう。)

 

■カレント(離岸流)

(カレントとは岸から沖に向かっている流れのことです。カレントに乗ってしまうと沖まで流されてしまいます。カレントが発生している場所は海面がざわざわしていることが多いです。海に入る前に海面の状況を良く観察し、基本的にカレントが発生していそうな場所からの入水は控えましょう。またサーフィン中不用意に近づかないようにしましょう。あえてカレントが発生している場所から入水するときもありますが、カレントの使い方がよくわからないうちはやめておくのが無難です。また、カレントに乗ってしまったことに気が付いたら慌てず横方向に移動しましょう。くれぐれもカレントに逆らうように岸の方に進もうとしてはいけません。(カレントに逆らって進むことは出来ません。))

 

■自分とサーフボードとの位置関係

(基本的にいつ何時も自分はボードより沖あるいは真横にいるようにしましょう。ボードの方が自分より沖にある場合、沖から来る波や風にあおられてボードが自分に向かって飛んで来るので非常に危険です。)

 

■海の中でのボードの運び方

(たまにリーシュコードを引っ張って犬の散歩のようにボードを運んでいる人を目にしますが、ボードが波や風にあおられて暴れることがあるので危険です。また、それによってボードが痛む可能性もあるのでしないようにしましょう。また、くれぐれもリーシュコードを手に巻かないようにしましょう。サーフボードが波に引っ張られる力は非常に強力です。リーシュコードを手に巻いている状態でボードが波に引っ張られると最悪、指がちぎれてしまう恐れがあります。リーシュロックに指を引っかけるのも同様の理由で危険です。絶対にしないようにしましょう。)

 

■波に巻かれるときの姿勢

(波のサイズが大きいときはテイクオフに失敗して波にぐるぐる巻かれることもあるでしょう。巻かれている最中は顔と頭を腕でガードし、小さく丸まりましょう。顔と頭を守るのはボードや障害物が直撃するのを防ぐためです。丸まるのは腰へのダメージを軽減するためです。くれぐれも大の字で巻かれるなんてことはないようにしましょう。)

 

■海の中から出てくるときの姿勢

(ボードから落ち、全身海の中に浸かってしまってから海面を突き破って海上に頭を出すときは顔と頭を腕でガードしながら出てきましょう。自分の真上にボードやフィンがある場合、ぶつかってしまうとかなり痛いのでガードしましょう。一般的なサーフボードに付いているハードフィンは野菜くらいなら簡単に切れる鋭さがあります。(レッスンで使用するレンタルボードのフィンはソフトフィンです。)海から出てくるときに頭に刺さると頭が切れる可能性が高いので十分気を付けましょう。また海上に頭を出した後も油断は禁物。自分のボードが発見出来るまで頭のガードは解かないようにしましょう。自分のボードがすぐに発見できない場合というのは自分の死角にボードがあるということです。そんな状況でガードを解いてしまうと死角から飛んできたボードが自分にぶつかりけがをしてしまう可能性があります。)

 

以上、安全にサーフィンをするために気を付けるべきことの中でも、すごく基本的な事項をいくつかご紹介させていただきました。

この他にもその日のコンディションやフィールドに合わせて気を付けることが増えたりしますが当スクールのレッスンでは海に入る前にそういった事柄についてもレクチャーさせていただいております‼

サーフィンにおすすめの季節である冬。

皆様がこの冬、安全で楽しくサーフィンを満喫されることを心よりお祈りしております‼

 

※エクストリームスポーツ:速さや高さ、危険さや華麗さなどの「過激な (extreme)」要素を持った、離れ業を売りとするスポーツの総称。(参照:Wikipedia

多くの人が選んでいる
ビーチのサーフィンスクール。
あなたを後悔させません。
お電話でのお問い合わせはこちら
サーフ ナミイーヨ
受付時間 : 09:00〜19:00
メールでのお問い合わせはこちら
スクール予約・お問合せ